Top > 育児に正解はない

育児に正解はない

子供を育てるということは大変な仕事です。子育てをしていれば、しばしば思うようにいかなかったりして焦ってしまったりイライラしてしまうこともあるかもしれません。育児ノイローゼという言葉もよく聞かれるほどです。世の中にはたくさんの育児の参考書などが出ていたり、さまざまな情報を手に入れることができますが、正解は存在しないものです。
このことを意識しておくだけで、育児に関するストレスの多くは軽減されるでしょう。マニュアルどおりにはいかないのが育児なのです。
例えば、育児書に、1歳の体重は何キロ、と書かれていたとします。神経質な親御さんはそのとおりの数字でないと不安に感じたり病院の先生に相談したりしたこともあるかもしれません。しかし発育には個人差があります。きっと病院でも、食事が問題なく取れていて、元気で変わった様子がなければ心配することはないとアドバイスされるでしょう。このように適切な時期に適切なアドバイスが受けられれば問題はありませんが、それまでの間、煮詰まってしまい子供にあたってしまったり、ふさぎこんだりを防ぐには、育児書がすべてではないという前提を意識づけておくことが重要です。
また子供はずっと小さいころから多くの物事がわかっているといわれています。不必要な不安や心配は子供に無意識のうちに伝わってしまいます。あるいはまだ小さいかわからないといった扱いもよくありません。たとえ言葉を話すことができなかったとしても、周囲の言動は理解しています。これらを意識して子育てを行うことが子供の成長や情緒発達をすすめていくのです。したがって育児に神経質になりすぎることは子供にとってあまりよくありません。それそれの子供の個性を尊重して一緒に成長していくことが育児なのです。育児をしていくにあたって、絶対や正解ということはありません。こうならなければならない、という考えを捨てることが一番大切なのかもしれません。


久里浜にも良い美容室があります。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ビールなどの飲料(2015年1月19日)
やっと休日?(2014年11月30日)
国際結婚手続きをベトナムで遂行し失敗した件(2014年11月22日)
配偶者ビザという難題をクリアしてくれたのはプロ(2014年11月22日)
帰化申請を東京で行うポイント(2014年11月22日)